UQモバイルでiPhone6を使う方法と注意点

シェアする

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分 4 秒です。

今、お持ちのiPhone6UQモバイルで使いたい方も多いのではないでしょうか。

私の家族も「今持っているiPhone6」でUQモバイルに乗り換えをしました。この時に調べたことをまとめました。

「iPhone6」ならでは注意点もありますので、ぜひご覧ください。

「今お持ちのiPhone6をUQモバイルで使う」ことを検討されている方に参考になれば幸いです。

なお、記事内の表記は「iPhone6」ですが、「iPhone6 Plus」も同様になります。

>「iPhone6s」をUQモバイルで使いたい場合の方法と注意点はこちら。

関連 この記事の行程も含めた「UQモバイルへの乗り換え完全ガイド」はこちら

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

iPhone6は「au」と契約している端末のみ使える

まず、結論から言うと、iPhone6の場合、「au」と契約している端末のみUQモバイルでも使用できます。

つまり、「ドコモ」や「ソフトバンク」で契約している端末には使うことができません。

出典 UQモバイル動作確認端末一覧
(2017年8月23日時点の情報です)

こちらには「SIMフリー版」「au版」は動作確認端末に入っているのですが、「ドコモ」「ソフトバンク」は入っていません。

これは、「SIMロック」という機能があるためです。

SIMロックとはめちゃカンタンに言うと、「契約した会社の回線しか使えない」機能です。

au、ドコモ、ソフトバンクで契約した「iPhone」は強制的にSIMロックされています。

つまり、ドコモで契約した端末は、「ドコモ回線の携帯会社」しか使えません。

ソフトバンクで契約した端末は、ソフトバンクしか使えません。

「au」で契約した端末のみ、「UQモバイル」で使用できます。(※「UQモバイル」は「auと同じ回線」 を使っているため)

総務省によって「SIMロック解除に関するガイドライン」を策定し、SIMロック解除が義務化されました。

iPhone6s以降は「SIMロック解除できるように国から通達された時期」 以降に発売された機種のため、SIMロック解除が出来ます。

ですが、iPhone6までの機種は、通達される前の機種のため、SIMロック解除ができません。

そのため、iPhone6までは、「au」だけでしかUQモバイルで使えないのです。

iPhone6のSIMカードは「au」専用のSIMカード

iPhone6で使えるSIMカードは「au」専用のSIMカードになります。

「nanoSIM」と呼ばれるもので、UQモバイルでは「au 4G LTE対応端末」で利用できます。

出典 UQモバイル動作確認端末一覧
(2017年8月23日時点の情報です)

SIMカードですが、契約は「UQモバイル」なんですが、がっつり「au」のSIMカードでした

間違っているように見えますが、これで合っていますよ!

iPhone6のOSバージョンを「10.3.3」以上にする

「UQモバイル」での使用可能なOSバージョンは「10.3.3」以上です。

出典 UQモバイル動作確認端末一覧
(2017年8月23日時点の情報です)

OSを「10.3.3」以上にバージョンアップしてからUQモバイルに乗り換えてください。

余談ですが、UQモバイルのお店の人はOSバージョンが「9」以上なら使用可能ではある、とは言っていました。

しかし、その場合は自己責任になるので、「10.3.3」以上にバージョンアップしてから乗り換えたほうが良いですよ。

OSバージョンが「8」以下だと、UQモバイルでは100%使用出来ません。必ずバージョンアップしてください。

iPhone6用のSIMカードは、次の機種変更にはほぼ使えない

iPhone6用のSIMカードですが、次の機種変更時はほぼ使えないと思ってください。

iPhone6s以降は、SIMカードは、「マルチSIM(nano)」になります。

また、UQモバイルで買える「iPhone SE」も「マルチSIM(nano)」です。

また、Android機種も最近の機種はほぼ「マルチSIM(nano)」のSIMカードを使っています。

つまり、「iPhone6」を機種変更しようとすると、iPhone6用の「nanoSIM」は使えなくなります。

紛失・故障した場合も、すでに「iPhone6」は販売していないので、中古品以外は「iPhone6」は入手できないため、必然的に機種変更せざるを得ません。

機種変更時に、SIMカードを「マルチSIM(nano)」にしないといけません。SIMカードを新たに発行しないといけないのです。

その時に「SIMカード再発行手数料」3,000円(税別)が発生します。

機種変更時、スマホ代以外に必ず「SIMカード再発行手数料」3,000円(税別)が発生することになるので、注意が必要です。

インターネットで買う時は、「SIMカード」を買う

オンラインショップ(UQモバイル)で買う場合は、「SIMカード」のみを購入することになります。

最初戸惑うのですが、「スマホ本体」を買うわけではないので、「iPhone SE」のページに行ってもダメです。

「SIMカード」と書かれているページに進んでください。

インターネットで買う時は、「SIMカード」の種類に注意!

そして、格安SIMの種類に注意してください!


(PCの場合の画面)

iPhone6の場合は、「nanoSIM」を選んでください。
(2017年8月23日時点の情報です。今後、SIMカードの種類が変更になる場合もあるため、念のために購入前に再度「UQモバイル動作確認端末一覧」を確認してください。)

UQモバイル の公式ページを見る!

まとめ

・UQモバイルiPhone6は「au」の端末のみ使える
・OSバージョンを「10.3.3」以上にする
・機種変更時には再度SIMカードを発行しないといけない状況になる

「iPhone6」をUQモバイルで使いたい場合の方法と注意点をご紹介しました。

「今お持ちのiPhone6をUQモバイルで使う」ことを検討されている方に参考になれば幸いです。

▼iPhoneは出来ないけど、Android端末なら当ブログからの購入でキャンペーンがあります!

★ 最大16,000円オトクになる 【UQモバイル】 の販売サイトを見る!(最大13,000円キャッシュバックキャンペーン+初期費用3,000円無料)
--
★ iPhoneや、SIMカードだけの申込も可能な UQモバイル の公式ページはこちら!


★「UQモバイル」への乗り換え完全ガイド作りました!
詳しくは ↓↓こちらから↓↓



最大16,000円にオトクになるキャンペーンも!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
ご覧いただき、ありがとうございます。
UQモバイルでiPhone6を使う方法と注意点
この記事をお届けした
でんちゃ!(T.H.Homepage)の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
おすすめページ
こちらの記事もおすすめです!!
スマホ代が高い!auからUQモバイルに乗り換えて家族で年間約10万円節約!
先日、僕は11年間お世話になった「au」を卒業し、「UQモバイル」に乗り換えました。 すると、スマホ代がびっくりするほど大幅に...

シェアする

フォローする

楽天(&Yahoo&アマゾン)